All posts tagged: COSMO

AUW-JKSK Internship Program

JKSKは、アジア女子大学(Asian University of Women)の奨学生に対し、一ヶ月間のインターンシッププログラムを日本にて提供致します。今年のプログラムは「女性の活力を社会の活力に」をテーマに、奨学生が、H.I.S.、イオン、コスモ・ピーアール、FCAジャパン、パソナグループ、東芝国際交流財団の研修プログラムに参加します。

コスモ・ピーアールでは、二日間に渡り、PRの世界を奨学生に紹介する予定です。

cosmoadminAUW-JKSK Internship Program
Read More

世界女性サミットをCOSMOがサポートしました

5月11日から13日の3日間、東京で世界女性サミットが開催され、コスモ・ピーアールがその広報支援を行いました。サミットには、若手起業家や女性経営者、政府関係者などさまざまな分野から62カ国1,300名以上の参加者が集まり、女性の社会的活躍や経済的地位の向上をテーマにしたラウンドテーブル、セミナー、ディスカッションが催されました。

5月13日には弊社社長 佐藤玖美が、ランチョンセッション「起業家精神を加速する」でモデレーターを務めました。当セッションではミュリエル・ペニコー ビジネスフランスCEO兼対仏投資誘致担当大使(フランス)、エリカ・チャン ウォールマートアジア副社長兼シニアアドミニストレイティブオフィサー(香港特別行政区)、佐々木恵美子 新日本有限責任監査法人パートナー(日本)、米良はるか Ready For株式会社CEO(日本)の4名がスピーカーとして登壇しました。

来年の世界女性サミットは、オーストラリアのシドニーで開催されます。

世界女性サミットについて詳細はこちらをご覧ください。

cosmoadmin世界女性サミットをCOSMOがサポートしました
Read More

COSMOが第3回メディカルジャーナリズム勉強会を事務局としてサポート 適切な医療情報発信のあり方を議論

株式会社コスモ・ピーアール(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤玖美)が事務局を務める「メディカルジャーナリズム勉強会」(代表:市川衛氏、医療ジャーナリスト)の第3回が2016年12月17日、東京のデジタルハリウッド大学大学院で開かれました。市川氏など医療ジャーナリストと医療専門家の有志の皆さんが企画・運営しているもので、「インターネット上の医療健康情報の今後を考える~適切な情報発信のあり方とは~」がテーマの今回は、タイムリーなテーマなだけに関心が高く、ジャーナリストや医療関係者など、約150名が参加しました。

 

ネット上ではどれが正しい情報かわからない


img_2212

この日は、2013年に卵巣の境界悪性卵巣腫瘍と診断され、抗がん剤治療に耐え、活動を再開した歌手・タレントの麻美ゆまさんが、メインのスピーカーとして登壇し、「患者から見た医療情報の重要性」をテーマに約30分間講演。

自らの闘病体験を振り返りつつ、「ネット上にある大量の情報を懸命に読み、知識はどんどん増えていったが、どれが正しい情報かが分からなかったので苦しんだ」「医療機関の側が発信する情報がもっとあれば、安心すると思う」などと、医療知識のない患者の立場からネット上で情報を探す中での不安について語りました。

「日経メディカル」記者の増谷彩氏が麻美さんへの質問者を務めました。

 

完璧なネット検索は不可能に近い


dscf2434

次に登壇したSEO専門家の辻正浩氏は「医療・健康情報はいかに検索エンジンで処理されるか」をテーマに講演。「検索エンジンのグーグルは、信頼性のあるサイトが検索で上位に現れるようすさまじい改善を行っているが、完璧なネット検索は不可能に近い」「米国では、(記事の信頼性を高めるため)グーグルが医師団体の監修を得て作った独自のコンテンツを表示するようになっている」などと、ネット検索の影響について語りました。

 

 

医療・健康情報の今後をテーマにディスカッション


この後、同勉強会代表の市川衛氏が司会となり、総合診療医・独立行政法人地域医療機能推進機構顧問の徳田安春氏、産業医・プロピッカーの大室正志氏、SEO専門家の辻正浩氏、株式会社メドレー代表取締役医師の豊田剛一郎氏の4名のパネラーが「ネット上の医療・健康情報のこれから」をテーマにディスカッションしました。

 

コスモ・ピーアールが勉強会の事務局・運営をサポート


株式会社コスモ・ピーアールでは、社会貢献活動の一環として、社会的意義の大きい同勉強会の事務局及び運営をサポートしています。

cosmoadminCOSMOが第3回メディカルジャーナリズム勉強会を事務局としてサポート 適切な医療情報発信のあり方を議論
Read More

弊社社長 佐藤玖美が、女性の経済的エンパワーメントに関するEUハイレベル会合にてスピーチを行いました

2016年12月12日、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて女性の経済的エンパワーメントに関するEUハイレベル会合が開催されました。この会合の目的は、欧州と日本における女性の経済的エンパワーメントを促進するために、公共政策及び民間の取組みに対する視点とベストプラクティスの共有を行うことです。

弊社社長 佐藤玖美は、パネルセッション第二部「民間部門における女性の経済的エンパワーメントのための対策」にスピーカーとして登壇し、そのコメントはリアルタイムでイベント主催者にツイートされました。

当日のイベントスケジュールの詳細はこちらからご覧になれます。

cosmoadmin弊社社長 佐藤玖美が、女性の経済的エンパワーメントに関するEUハイレベル会合にてスピーチを行いました
Read More

COSMOが企画・編集を委託されている竹中工務店様の季刊誌「approach」が 「メセナアワード2016」の“優秀賞”を受賞しました

COSMOが1964年より50年以上にわたって企画・編集を委託されている竹中工務店様の季刊誌「approach」が、この度公益社団法人企業メセナ協議会による「メセナアワード2016」の“優秀賞”を受賞しました。

メセナアワードは、メセナ協議会が企業による優れたメセナ活動(芸術・文化復興による社会創造活動)を賞して授与するアワードです。

「approach」の建築を取り巻く幅広い事象をテーマにした多彩なコンテンツ展開や、長年にわたる一貫した編集方針による媒体のクオリティの維持が評価され今回の受賞に至りました。

「メセナアワード2016」の詳細はこちらよりご覧になれます。

COSMOの編集・制作サービスについてはこちらから。

cosmoadminCOSMOが企画・編集を委託されている竹中工務店様の季刊誌「approach」が 「メセナアワード2016」の“優秀賞”を受賞しました
Read More

COSMOが企画・編集したノバルティスファーマ様の広報誌「Novartis Innovation」第4号が日経デジタルヘルスで紹介されました

COSMOが企画・編集しているノバルティスファーマ様の広報誌「Novartis Innovation」第4号が10月18日の日経デジタルヘルスで紹介されました。

製薬業界×デジタルヘルス、始まる
ノバルティス×Microsoft、製薬とITの巨人が組む
製薬最大手が語る“デジタルヘルスへの旅”
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/060300031/101700014/?ST=health&P=1

「Novartis Innovation」は最新の生命科学に関するトピックスを紹介するノバルティスファーマ様の広報誌です。COSMOはその企画から編集制作に携わっており、この度取り上げられた第4号は「デジタル技術が変える医療の世界」をテーマに2016年10月に発行されたものです。

これまでに発行した「Novartis Innovation」は以下のページからご覧になれます。
https://www.novartis.co.jp/news/press-room/library

COSMOの編集・制作サービスについてはこちらから。

cosmoadminCOSMOが企画・編集したノバルティスファーマ様の広報誌「Novartis Innovation」第4号が日経デジタルヘルスで紹介されました
Read More

弊社社長 佐藤玖美がThe Holmes Report にてAsia-Pacific “Innovator 25”に選出されました。

国際的なPR業界情報誌であるThe Holmes Reportは、COSMOの代表取締役である佐藤玖美をAsia-Pacific エリアの“Innovator 25”の1人に選びました。このリストはAsia-Pacific エリアのPR業界を牽引する革新的な思考を持った25人を選んだものです。

コスモ・ピーアールの代表取締役に1987年に就任してから、佐藤玖美は海外企業の日本進出支援に重点を置いた方針を導入し、事業を拡大、牽引してきました。また佐藤はCOSMOをAsia-Pacific エリアのリーディングカンパニーとして育て上げました。佐藤のリーダーシップは各界で評価されており、2012年にハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパン Business Stateswoman of the Yearを受賞。また同年、The Holmes Report Asia-Pacific SABRE Awards “Outstanding Individual Achievement”を受賞しています。

1960年の創立以来、COSMOは、日本におけるPR業界のパイオニアとして、特に、ヘルスケア、フード&フードサイエンス、コンシューマー領域において企業や団体の戦略的コミュニケーションを立案・実施をしてきました。

cosmoadmin弊社社長 佐藤玖美がThe Holmes Report にてAsia-Pacific “Innovator 25”に選出されました。
Read More

COSMOがAsia-Pacific SABRE Awardsのファイナリストに選出されました

2016年9月28日、香港でAsia-Pacific SABRE Awardが開催されました。COSMOはHealthcare PR Consultancy of the Yearのファイナリストに選出されました。またBest Specialist to Work For部門における”Honorable mention”(特別賞)も受賞しています。COSMOの代表取締役である佐藤玖美と複数のスタッフが出席しました。
COSMOはAsia-Pacific エリアを代表する、ヘルスケアPR会社として認識されています。前年には疾患啓発、患者支援、そして政府が直面している高額薬剤の問題に対してコミュニケーションプランを立案、実施してきました。さらに、がん、中枢神経、希少疾患、C型肝炎、心房性細動、そしてワクチンといった非常に多岐にわたる治療・疾患領域での仕事に取り組みました。
1960年の創立以来、COSMOは、日本におけるPR業界のパイオニアとして、特に、ヘルスケア、フード&フードサイエンス、コンシューマー領域において企業や団体の戦略的コミュニケーションを立案・実施をしてきました。
cosmoadminCOSMOがAsia-Pacific SABRE Awardsのファイナリストに選出されました
Read More