Featured News

コスモの元ディレクターが国際的PR賞であるセイバー賞を受賞

株式会社コスモ・ピーアールで2000年代初頭にディレクターを務めたバクスター・ジョリー氏が現在、アジア太平洋部門を率いている国際的PR会社、ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイドが、2017年9月、セイバー賞の2017年アジア太平洋地域部門賞を受賞しました。私ども一同より、かつての同僚であったジョリー氏に対し、心からお祝いを申し上げます。

セイバー賞は、世界で最も権威あるPRの国際広告賞とされ、PR業界情報の専門会社ホルムス・レポートが運営しています。セイバー(Sabre)は「Superior Achievement in Branding and Reputation」(ブランディング及びレピュテーションの構築における優れた業績)の略で、その年にもっとも優れたPRキャンペーンを手がけたPR会社に与えられます。

授賞の対象となったのは、同社がインドで実施した映画「ドーターズ・オブ・マザー・インディア」のPRキャンペーン。この映画は女性に対する暴力を扱った2015年のドキュメンタリー作品で、同国で「社会問題における全国ベストフィルム賞」を獲得するなど、高い評価を得ました。

https://www.webershandwick.com/news/article/weber-shandwick-wins-consultancy-of-the-year-plus-6-categories-at-sabre-awa

 

 

cosmoadminコスモの元ディレクターが国際的PR賞であるセイバー賞を受賞
Read More

COSMOが企画・編集を委託されている竹中工務店様の季刊誌「approach」が 「メセナアワード2016」の“優秀賞”を受賞しました

COSMOが1964年より50年以上にわたって企画・編集を委託されている竹中工務店様の季刊誌「approach」が、この度公益社団法人企業メセナ協議会による「メセナアワード2016」の“優秀賞”を受賞しました。

メセナアワードは、メセナ協議会が企業による優れたメセナ活動(芸術・文化復興による社会創造活動)を賞して授与するアワードです。

「approach」の建築を取り巻く幅広い事象をテーマにした多彩なコンテンツ展開や、長年にわたる一貫した編集方針による媒体のクオリティの維持が評価され今回の受賞に至りました。

「メセナアワード2016」の詳細はこちらよりご覧になれます。

COSMOの編集・制作サービスについてはこちらから。

cosmoadminCOSMOが企画・編集を委託されている竹中工務店様の季刊誌「approach」が 「メセナアワード2016」の“優秀賞”を受賞しました
Read More

弊社社長 佐藤玖美がThe Holmes Report にてAsia-Pacific “Innovator 25”に選出されました。

国際的なPR業界情報誌であるThe Holmes Reportは、COSMOの代表取締役である佐藤玖美をAsia-Pacific エリアの“Innovator 25”の1人に選びました。このリストはAsia-Pacific エリアのPR業界を牽引する革新的な思考を持った25人を選んだものです。

コスモ・ピーアールの代表取締役に1987年に就任してから、佐藤玖美は海外企業の日本進出支援に重点を置いた方針を導入し、事業を拡大、牽引してきました。また佐藤はCOSMOをAsia-Pacific エリアのリーディングカンパニーとして育て上げました。佐藤のリーダーシップは各界で評価されており、2012年にハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパン Business Stateswoman of the Yearを受賞。また同年、The Holmes Report Asia-Pacific SABRE Awards “Outstanding Individual Achievement”を受賞しています。

1960年の創立以来、COSMOは、日本におけるPR業界のパイオニアとして、特に、ヘルスケア、フード&フードサイエンス、コンシューマー領域において企業や団体の戦略的コミュニケーションを立案・実施をしてきました。

cosmoadmin弊社社長 佐藤玖美がThe Holmes Report にてAsia-Pacific “Innovator 25”に選出されました。
Read More